結婚相手に相応しいダイヤモンドの指輪がココにあり

贈る目的や購入価格

指輪

高級感のあるものを

特定の男性と結婚することが決まった女性の多くが、婚約指輪を左手の薬指につけています。そのため婚約指輪をつけていれば、その女性は基本的には他の男性からのアプローチを受けることはありません。これを目的として、結婚の約束をした女性に婚約指輪を渡すという男性も多くいます。そしてこの場合は、価格の安い婚約指輪がよく選ばれています。婚約指輪の購入価格の全国平均は30〜35万円ほどですが、アプローチを拒否するという目的は、相場よりも安い婚約指輪でも果たすことができるのです。また、中には気持ちが込められていれば、価格は無関係と考えるカップルもいます。さらに、結婚式やその後の生活に多くの費用をかけるために、婚約期間中には節約することを希望するカップルもいるのです。こういったカップルからも、価格の安い婚約指輪には高い需要があります。一般的には、購入価格が10万円以下となっていれば、安い婚約指輪とみなされます。しかし10万円以下でも、アームをプラチナやゴールドなど人気の高い貴金属にすることは可能です。パラジウムや銅など別の金属を多少混ぜることで、これらの価格は大幅に下がるからです。そしてダイヤモンドも、小粒のメレダイヤなら複数つけることができます。こういった工夫が凝らしてあれば、実際の価格は安くても、相場の婚約指輪に見劣りしにくいと言えます。みすぼらしい婚約指輪は、女性側の親族などに不安を与える可能性があります。それを防ぐためにも、ある程度の高級感があるものを選択することが肝心とされています。